FC2ブログ
2014/06/09

【自宅裏のメボソムシクイ】

「アカショウビン」と「サンコウチョウ」のシーズンに入っています。が、体調の問題で遠征はとても無理,とあって、市郊外山間部の近場のポイントへ。「サンコウチョウ」は雄5羽、雌3羽を3箇所で確認しているのですが、「枝被り」と、シャッターチャンスには至らず。「アカショウビン」は充分な射程距離でしきりに鳴くのを目の前にしながらも、決定的な「枝被り」。とうとう「ものに出来ず」。家内からは「何をしているのよ!」と言われても‥反論も出来ず。運動神経と勘の衰え。「勘の悪さよ屁の臭さ!‥」とはこんなことかー。画像は、又、自宅裏に戻って「メボソムシクイ」です。やけくそ気味!


meboso-1 (600x386)


meboso-2 (600x386)


meboso-3 (600x383)


上の個体とは違う個体と思っているのですが、動きが速いのと明るい場所にどうしても出てこなくて「枝被り」。
meboso-4 (600x376)


その間、自宅裏に来た「サンコウチョウ」ですが、これも「枝被り」。シャッターチャンスはこれ一回きり。「普正寺の森」の方へ飛んで行きました。
sankoutyou-ji (600x380)

「アカショウビン」は一過性。「サンコウチョウ」は一箇所では、確実に営巣活動に入っているものと確信しています。問題は「ピンポイント」への絞り込みです。