FC2ブログ
2016/02/07

【ウミアイサ】

今年の撮影ではありません。「普正寺の森」の裏手、金石港の河口で撮影した画像です。以前は、中州があって丁度、身を寄せるに適した環境になっていて、荒れた日の直後には多くの水鳥が避難してきていたものです。今は、河口の拡幅工事のため中州がなくなってしまい、水鳥が来にくくなって、殆どその姿を見せなくなってしまいました。


umiaisa1k (620x398)


夫婦仲良く身を寄せ合い良い感じじゃありませんか!人間世界の煩わしさを思うと、この鳥達の世界の方が未だましなのかも‥
umiaisa2 (620x390)



umiaisa3k (620x384)



  自分たちの住む世界、その直ぐ足下に、こんな可愛い野鳥の来る世界があるのです、が‥
umiaisa5k (620x388)

カネガネ思ってきたことですが、新幹線がやって来たことで、新聞などで踊る活字は、観光客で潤う経済、カネ、モノの動きを伝える記事でイッパイ。駅は、お土産物売り場の拡張、儲け主義の一点張り。以前はあった一人がけの椅子は全て取り払い、私のような足腰の弱い人間は歩ききれなくて、途中、地べたに座り込んでしまわなければならない。盛んに「里山、里海」を謳うのだが、ハッキリ言って、官民挙げて、目先の利益に走り過ぎるので、地元風土の空気感、風の臭い、そういった田舎都市の良さを伝える感覚、感性が見えて来ない。東京からは、宿で、市場で「ボラレタ!」、という苦情が来、偶然乗ったタクシーの運ちゃんも同じ話をしていた。大体が、人で溢れた公園や街中の姿ってそんなに良いものなのか!?‥。自然に流れる風土の中で触れ合う光景、そんなのが良い。話題があまりにも商業主義に流れる風潮、そんな価値観のあり方に疑問を感じてしようがない。自分たちの足下にある、キラリと光る小さな景色等を見つけ、大事にして行こうじゃありませんか。