FC2ブログ
2016/12/06

【犀川のカンムリカイツブリ】

犀川では「コウライアイサ」が人気を独占。しかし、来訪が4年も続いたせいかバーダの姿はまばら。この日は「コウライアイサ」の姿はなく、「カワアイサ」「カイツブリ」「カンムリカイツブリ」などが主役。画像は、捉えた魚を飲み込む「カンムリカイツブリ」です。


発見するのが遅れてしまい、捉えられた魚の方、ぐったりしています。
kaituburi-1 (600x385)


誰も見向く人もない「カンムリカイツブリ」。しかし、一生懸命に潜りを繰り返しながら生きようとしている。ひとつの生命を繋ぐため別の一つの生命が犠牲になる。陳腐な言い方ですが、私はやはりそう考えてしまいます。
kaituburi-2 (600x384)



飲み込まれまいと、必死に抵抗していたのですが、そのシーンは残念ながら逃してしまいました。
kaituburi-3 (600x376)

周りを見れば、もう、私の周辺には誰もいなくなっているほど高齢になってしまいました。痛む足腰を引きずりながらの野鳥生活。これからは、こんなレベルの写真しか提供できないことでしょう。動ける限りは、カメラを手にした活動を続け、その画像の紹介をしていきたいと思っています。