FC2ブログ
2014/08/13

【続・北方のオオワシ】

台風の後、真夏日か?と思いきや朝晩には、もう、秋の気配を感じさせ、虫の声。以外と寝心地の良い夜が続いている。画像は、前回に続いての「オオワシ」です。


のんびりした表情。総じてここのオオワシは自身の座を脅かす天敵がいないのに加え、観光化による影響(?)でこんな感じ。同じ厳しい世界でも、白山山系で生きる「イヌワシ」や「クマタカ」の世界とは対照的。
oowasi -11(600x382)


 羅臼の町外れー。 下で何かを見つけた様子。
ouwasi-12(600x390).jpg



ouwasi-13 (600x395)


  羅臼沖の流氷の上ー
ouwasi-14(600x399).jpg



ouwasi-15(600x385).jpg

零下10度を下回る厳寒の北海道の凍てつく道路を、恐れも知らずに駆け回った元気な頃の自分が懐かしい。

2014/07/29

【昔の風景・「北方」のオオワシ】

いよいよ暑さも本番。少しは涼しさをと言う訳で。もう15~6年ほど前の画像を引っ張り出して。この年は流氷の接岸が遅く、漁船をチャーターしての流氷探し、ということに。



  静まりかえった深夜の羅臼の港。集合時間は4時。
ouwasi-1-1(600x399).jpg



小1時間ほどで到着した現地。「北方4島」の島影から昇る太陽。問題の箇所。ここで生き暮らして来たであろう人達のことの思いなどが去来‥。流氷の上に「オオワシ」などの姿。
ouwasi-2 (600x389)


   偶然の一枚
ouwasi-3 (400x600)


  流氷の上でこんな感じで夜を明かしている。
oowasi-7 (600x380)



ouwasi-4(600x398).jpg



こんな感じで「オジロワシ」と仲良く止まっているのも‥。猛禽の世界でもこんなに仲良くやっているのに、人間の世界では、一日の休みも無く罵り合い殺し合っている。知恵が働くだけにやり方も悪質で残酷。
oowasiojirowasi (600x394)



船の上からのアップ。平和そうな顔、だと思うのだが‥。この辺のオオワシは総じてこういうのんびりタイプが多い。
ouwasi-5 (600x392)

日々殺伐な世相に接すると、今与えられているこの瞬間を大切に、後、もう2~3年は野鳥たち(特に猛禽)との出会いに、残されたエネルギーを傾けてみたいと思う。でなければ、今までに積み上げてきた努力がもったいない。しかし、問題は、腰痛が改善されてきているのに、視力の方に問題が生じてきていると、いうことある。見えない相手にシャッターを切ることは出来ない。残念!。

2012/01/16

【おとぼけオオワシ】

羅臼での「おおわし」

  まだ若い個体のよう
DSC_0195 (580x386)

     辺りをキョロキョロDSC_0185 (580x386)

      何かを見つけて来た。魚の頭だ。
DSC_0162 (580x386)

     後ろからカラスが忍び寄ってきた
DSC_0160 (580x386)

   カラスに絡まれ思わず口を開けた時、折角の獲物を落としてしまった。「あれっー!?」という顔で下を見下ろしているから、どうしようもないー!
DSC_0163 (580x386)

キョトンとした顔。自分でも未だ、どうなったのか分かっていないような顔。これで厳しい生存競争に打ち勝っていこうというのだから、呑気この上なしーoowasi-kao(580x404).jpg