FC2ブログ
2011/11/15

【つばめの群団の「南下」】

11月12日。前日の雨の後、かねてから気になっていた場所があって山中に分け行ったところ、ツバメの群団の「南下」に遭遇。白山山系の中腹、谷間から吹き上がってくる上昇気流を捉えようとするかのように、数千羽のツバメの群団が、およそ五つほどの群れを造って旋回していた。前の群団のしんがりに後に続く群団の先頭が、必死に追いすがるかのような陣形を組んで旋回していた。真っ黒になったツバメの群団が、「ザーッ、ザーッ」という羽音を発てゝ、山腹に吸い込まれるように消えてはまた頭上に現れる、という行動の繰り返しは壮観そのもの。しばし見とれてしまった。以下は、その時の画像。

      陣形は円形で「鷹柱」に似ているtubame-1.jpg

  基本的に、5~6羽単位のファミリーが集合し、群団を形成しているtubame-2.jpg

      この画面では、四つほどのファミリーが映っているtubame-3.jpg

     幾つかのファミリーが集まった円形型の陣形tubame-4.jpg

        2羽の親鳥に3羽の若鳥のように見えるが…tubame-5.jpg

    南の方角に向け去っていった。あばよー!また来年!…tubame-6.jpg