FC2ブログ
2017/07/21

【オオタカの飛び出し】

20日の早朝、眼を覚まし、カラスがやって来て騒いでいる様子を伺い、その後、静かになったと思い、なを、ボンヤリとしていると、今度は、なにか白い「物体」が止まっている様子。「何だろうか‥?」と、眼を凝らし見ると「オオタカ!?だぁー」。「ぎゃーっ!」と言うわけで、よろよろと飛び起き、「カメラー!」と言うわけで、もう一度外の様子を確認すると、向こうもこちらの様子を「ジーット」見つめていて、そこで、「あーっ」と言う間に、下の濃い茂みの中に消えてしまいました。


元気な頃なら、カメラを持って外へ飛び出すところですが、すっかり衰えた身体、今は、そうも行かず、画像は、撮りためた画像の中からの「オオタカ」の一枚です。
otaka4k (581x800)

昨年の5月、「ハイタカ」が止まっていた同じニセアカシア木で、近くでで営巣している個体なのか、この場所、今更のごとく、凄い!、と再認識。

2013/12/17

【河北潟のオオタカ】

最近、「ノスリ」を初めとした河北潟の猛禽類がめっきり姿を見せなくなった。餌となるネズミ・モグラ類が大きく姿を消していることに起因している。農法の変化と直接関係しているのだ。「人間と自然との共生」。よく言われるテーマーではあるが、所詮、人間の生活に都合の悪い「自然との共生」などはあり得ない。それが現実だ。


  この個体、相当に近づいたのだが、逃げるでも無くぼんやりしている。眼、顔に精気が無い。
ootaka-12 (590x382)



  餌でも見つけたのか、少し眼に精気が戻ったようだが、こちら「人間」の方が違和感を感じて遠うざかった。
ootaka-1 1(590x372)

考えてみれば、人間同士でも都合の悪い相手は容赦なくこの世から消してしまう時世。いや、昔から変わらぬ世のあり方なのだから、仕方の無いこと‥だろう。大げさではあるが、こうやって、こういう風に、世界(自然)はますます細り、貧相になっていくのだろうーか!‥。むなしいことだ。最近、自分でもますます鬱になっていくようで‥。

2013/09/20

【白山に「シロオオタカ」?】

これ実は、昨年、2012年11月21日、白山山中で撮影した画像です。撮影した当時は、何かの「変位個体か?」と思い、曖昧なまゝにされていたものですが、最近、思うところがあり調べてみたところ、「シロオオタカ」にこのような個体がいる、と判り掲載することにしました。

   ボケ気味、色が変なのは、車のフロントガラスによるものです。
siroootaka (580x365)

 発見したときは真正面、とりあへずフロントガラス越しに、「証拠写真」をと思い、車の中からシャッターを切り、ウインドガラスを下ろし、やおらカメラを外に持ち出したところで、サーッと逃げられてしまった、ということです。その後、暫く、その正体をー、と思い追っかけ探したのですが、動きが速いのと距離が遠すぎたのとであきらめてしまった。家内(助手)がいなかったこと。また「変異固体!」ーが頭にあったので、その後のフォローができず、今にして思えば「残念!ー」ということです。
2013/06/20

【オオタカの「葉隠れの術】

この「オオタカ」、テントの中に息を潜めている人間に気付いていて、見事に「葉隠れの術」を使って隠れている、というところ。なんとかその全貌を見せて欲しいと、「イライラ」いていたのですが、一時間以上もこの態勢で、気がついた時には、もう姿を消していました。

ootaka1tk (403x580)

近くの雛の状態を見守っていたのです。来年の出会いを願い早々に引き上げました。
2013/06/08

【今年のオオタカ】

遠方にいる友人から「オオタカ」の便り。タイミング的に今が良いとのことで、老人には少々堪える道中なのだが、途中、何度も休憩を取りながらの直行。友人の体力を借り機材を運び現場に到着。ここでは昨年も4羽の雛が巣立っているのだが、今年も同じく4羽の雛が育っていた。参考のためそのうちの一コマだけを掲載します。


ootaka25k (580x374)