FC2ブログ
2019/03/26

【自宅裏に来たベニマシコ】

長らくお休みしました。原因は、パソコンの不具合。それとも知らず試行錯誤を重ねながら悩み、「もうどうでも良い」、「自分の寿命のつきるのがその前に来るかも‥」と考えたりして‥。まあーそんな具合でいたところ、偶然、窓の近に7~8羽の「ベニマシコ」が。これを見てまたぞろ“昔の虫”が頭を擡げて!‥パソコンの不具合を直し、という訳です。


これは3月19日の撮影です。発見したのはその一週間ほど前。その後、1~2羽づつ姿を消し、いなくなったのはこの24日頃。その間、日々、興奮しながら、結局叉、この欄に舞い戻ってくることになった、と言うわけです。背景の白っぽい建物、最近無粋にも建った工場です。終日、行く手を妨げるこの窓の近くでウロウロしていました。残念!見たくない風景。
benimasiko1 (600x403)



benimasiko2 (600x403)



benimasiko3 (600x399)



benimasiko4 (600x402)



benimasiko5 (600x409)



benimasiko4(600x404).jpg

齢85歳、どうやら、まだもう少しの寿命があるような無いような‥。居間の窓からは、入れ替わって「ジョウビタキ」のツガイが‥。気分をとり直し、家内と自分自身の為にも、「もう少し頑ってみようかな‥!」、という訳です。


2017/02/18

【ベニマシコ】

このところ報道されている「北」の国の無道。声を荒げて「最も強い言葉で非難する」(聞きようによっては「私たち何も出来ないのです」)と言っているような、大声で声明を出したところ、応じたように出てきたのが肉親を亡き者にする非道な世界。その隣は、日々、「白か黒か」を争う、激しい人身攻撃と対立での争乱状態。遂に、「韓国人に生まれてこなくて良かった」という(元駐韓大使)の投稿までもが出てきてしまった。中身は、常々、思ってきたことと同じような内容であった。日本には、「黒と白との間にハイイロがあって丁度良い」というような“間”の文化がある。それは、「本音と建前」の使い分けという、人間関係の直接的な衝突を避ける方便、「処世術」の文化を生んだ背景にもなっている、と思う。人間関係にはそんな「ハイイロの世界」、行動と行動との間を律する「中間クッション」“緩み”の世界があって、丁度良い、と私(在日韓国人)は思っている。でなければ、つまるところ、権力闘争の場合、「食うか食われるか」のものにしかならない。‥‥ところで、画像は、犀川上流で撮影した「ベニマシコ」です。


レンズが手持ち軽量の400ミリ。焦点距離が遠くて、ぎりぎりいっぱい。やっとピンを合わせての撮影でした。
benimasiko-k2 (600x393)


benimasiko-k3 (600x407)


benimasiko-k5(409x660) (409x660)


これは元気な頃、北海道で撮った「ベニマシコ」です。明るい太陽の背景が違いますね‥
benimasiko (600x390)

朝鮮半島の悲劇は、“自身”が、教訓を教訓にしてこなかった問題があるにしても、近世における過酷な歴史的背景と動乱の体験を抜きにしては語れない部分がある。それが日本にあるような“間”の文化、やがては「和」の文化に通じていくような、空間の存在を許さなかった、と思う。悲劇を生んできた要因を思うにつけ、私自身も、やはり、率直に言って、日本に生まれてきた幸運(そして、鳥たちの世界にいられる幸運)を思わずにはいられない。       合掌!。

2009/02/03

【河北潟情報】

【ベニマシコがツガイで…】二日、好天に誘われて河北潟へ。ホオジロ、カシラダカなどが出るかねてから気になっていた芦原。オオジュリンなどもいるはずとカメラを抱えてそーっと近づくと、飛び出してきたのがこのベニマシコ。

                        ベニマシコ(1)
benimasiko1.jpg

                        ベニマシコ(2)
  同時に飛び出してきたのがこの雌。ツガイでいたのだ。
benimasiko4.jpg

                        ベニマシコ(3)
 いたのはほんの数秒間。あっという間に飛んでしまった。
benimasiko6.jpg

先週、今冬初めての本格的な雪の時、おそらくその時からいたに違いない。その時は車の中で観察していたので気付かなかった。雪景色の中での風情のあるベニマシコを撮りたかったのだが、今冬はこれで終わりだろう。残念。