FC2ブログ
2008/10/14

【舳倉島情報】

【その後の舳倉島】3連休の前日10日(金)に舳倉入り。当日、島に残ったバーダーは自分を入れて二人のみ。島には数百羽のアトリの大群と11日にはこれまた数百羽のジョウビタキの大群。しかし、珍鳥と言える野鳥は見えずに退屈のし放題。唯一ギョットさせたのがツグミの「アルビノ」と思われる個体の出現。水場に辺りを警戒しながらそーっと顔を出したのだが、大事なこの場面にカメラを手にしていなかった。調子の悪い時とはこんなもの。残念だったがしょうがない。しかし、11日の舳倉航路の欠航の後、12日に入ってきた大勢のバーダーを待ちかまえていたように、13日の最終日、帰りの船が出る1時間30分前。やっとイスカの♂と♀。そして、アカマシコの♀が2個体とムジセッカとキマユホホジロ。ようやく秋の舳倉の本番入りの様子。しかし、私は既に体力の限界。疲れた身体を引きずるようにして帰路に着きました。

                             コホオアカ
先週からいたコホオアカだろう…。赤茶色の頭央線が二本、くっきりと出ている。珍しい。夏バネの成鳥が一番“男前”になった時ではなかろうか…?
kohooaka.jpg

             アカマシコ(1)♀、通称「チャマシコ」
tyamasiko1k.jpg

                          アカマシコ(2)
tyamasiko3.jpg

                          アカマシコ(3)                          tyamasiko2.jpg

                   これ、サバンナシトドでは?
急に思い出して、「待てよ!」…と、去年の秋に撮った画像を探し出して見たのだが…何度見ても間違いなそう…。探せばこんなのが未だあるような気がする。sabannasitodo.jpg
                       
                     お粗末さまでした。