FC2ブログ
2019/07/11

【立山の雷鳥Ⅱ】

この春先から始めた「終活」整理。今思えば「シマッター、あれは残しておけば良かった」というものまで捨ててしまい、保管してあった昔のフイルムを再度点検してみたところ、以外に、雷鳥のフイルム(ポジ)が結構出てきました。いずれ捨てられる運命ではありますが、陽の目も見ずに「ボツ」にするのは、もったいないと思い、2番煎じではありますが再度登場させることにしました。

春先の雪山、歩くと、雪穴が隠れていて、結構、危なく、前後二人の行動でカバーしなければなりません。この個体、よく見ると発信器をつけていましたので登場させました。関係者、足輪の色から個体識別可能かも‥。
raityou-1(700x465).jpg

  春が来るのをジーット待っていた、という感じでしょうか‥。
raityou-2 (700x455)

飛び上がった個体、前後がなく、残っていたのはこの一枚だけでした。あまり格好良い感じではありません。
raityou-3(700x469).jpg

これは谷を一つ隔てた向こうの山、名前は忘れました。懸命に山の斜面を登っていくところを発見。発見したときには個体がもう一羽いたのですが‥。若い頃は視力自慢でした。
raityou-4(700x465).jpg

  雪原を歩く真っ白な個体、寂しそう。しかし、元気!ーというところか‥。
raityou-5(700x456).jpg

ハイマツの中から顔を出している個体。思いなしか、直ぐ向こうの、自分たちの姿(運命)を感じ取っているかのような孤独感に満ちた表情。根底にあるのは環境問題!‥。  
raityou-6(700x465).jpg
  最近は、動物園での人工孵化などのニュースが伝わって来ていますが、人工的に雛を育てゝも元に戻す生息環境の問題をどう克服するのか?ー。朱鷺の場合とは違う厳しい問題がある。ーともかく皆さん御苦労であります。


2018/07/30

【立山の雷鳥】

台風が通り過ぎ、またやって来た猛暑。「台風一過」の様相がこれまでとは全く違う。そこで、ふと思いついたのが立山の冬の雷鳥。少しはこのブログの中にでも涼しさを!‥、と掲載することにしました。

足輪をつけているところ、若干違和感有り、というところですがやむを得ないところです。春到来!。保護色の衣を少しずつ脱ぎ始めています。
raityou (600x389)


大体、このような環境の中を生き延びているの訳‥真冬の環境を考えると、寒い!そして凄い!。
raityou-k 2(600x382)


雌、ですね‥。“一人”寂しそう。
raityou-k 4(600x393)


ペアになったところ。雪が溶け観光客が訪れる頃には、よちよち歩きの子達を連れたファミリーの姿が見られる。
raityou-k3 (600x400)



僅かにハイマツが顔を出しているところに身を寄せ寒風をしのいでいます。保護色の世界でもやはり身を寄せるところはこんなところ。いかに厳しい世界かがよく解る。
raityou-k 5(600x395)


誰か「良い娘いなかなー」と辺りを見回しているのだろうか‥!?
raityou-k1 (600x378)

最近の立山はどうなのだろうか?。叉、行ってみたいと何度も家内に水を向けるのだが、「車椅子で行くと言うの!‥」と冷たい反応。世の無常を感じているところ。深い雪もものかわカンジキを履き、雪山寒風に挑戦していた頃の、自分が懐かしい‥。

2008/05/06

【立山の雷鳥】

 舳倉では、連休後半に入る直前、「カンムリオウチュウ」が出たとのことで興奮気味。年齢的・体力的に人混みの中での行動が嫌いでジッと我慢の子。家の庭いじりでボヤーッとしています。それに最近、毎日のように書き込まれる迷惑メールに、もうブログの継続は止めようかと思いながら、気を取り直して、立山での雷鳥を掲載することにしました。
                         
                             雷鳥(1)
連休に入る直前のタイミング。人混みを避けて行っても外国からの観光客で室堂は大混雑。相変わらず際限のない商業主義の中に埋没している立山。しかし、この時期の雷鳥はやはり素晴らしい。こんな状態でいました。
raityou1.jpg


                             雷鳥(2)
raityou4k.jpg


                            雷鳥(3)
雪の間からようやく顔を出したハイ松帯へ餌をとりにやってきた雷鳥
raityou2.jpg


                            雷鳥(4)
当初は、足輪をしていない雷鳥を探しての撮影と準備して行ったのですが、まだ、道のついていない雪の中での行動はとても無理で、目の前に来た雷鳥に「有り難う」と挨拶をして別れてきました。
raityou3.jpg