FC2ブログ
2008/04/23

【舳倉島情報】

【その後の舳倉】
 舳倉島から聞こえてくる情報があまり良くない。自宅の裏にはシマセンニュウとシベリアジュリン。そんな筈はない、と気になり向かうが舳倉航路の欠航などに出会い実現したのが20日(日)。行ってみるとやはり例年とは違う。目立つのはメジロ、ヒガラ、アトリ、カワラヒワ、ツグミの類。今年はどういう訳か観察舎に野鳥が来ない。環境はそんなに変わっていないのにどうしてだろう?。盛んに頭をひねっているのだが解らない。島中駆け回ってみるが出会ったのはここでもケアシノスリ。この時期、個体数がこんなに少ないのは初めてだ。キビタキ、オオルリの類が全く見えない。それなのにベニヒワの出入りがまだある。やっとカメラに納めたのがアカウソとトラツグミ。そしてケアシノスリ。

                              アカウソ
         これ、ひょっとしたらベニバラウソかも?
akauso1.jpg


                            ケアシノスリ
舳倉へ行ってまでもケアシノスリとは。今年は、本当におかしい。
keasi-hegura.jpg


                              トラツグミ
toratugumi4.jpg


[追記] 22日(火)疲労困憊。またの日の出直しを決め、荷物をリヤカーに積み、ふらふらしながら埠頭に向かう途中、目の前に頭の真っ赤なベニヒワが3羽とシベリアジュリンが飛び出してきた。慌てゝ荷物の中からカメラを取り出すが逃げられる。ついていない。家に帰ってくると女房が「あんた、昨日、普正寺の森にコマドリとヒレンジャクが30羽よ…!」と言うのだから打撃の追い打ち。ガックリだ。