FC2ブログ
2018/01/15

【雪景色の中のアカゲラ】

北陸地方に降った数年ぶりの大雪。河北潟では「ケアシノスリ」が来ているという情報。当然、「ハイイロチュウ」「コミミズク」などの常連も顔を出していることだろう。しかし、こちらは新年早々、腕の痛みに悩まされる奇病に罹りダウン憔悴の状態。やむなく居間の窓から見える雪景色でお茶を濁し、この世の無情を嘆く日々。そこで、痛む腕をさすりながら、毎年この時期に顔を出す「アカゲラ」に狙いをつけシャッターを。

去年の正月にもやって来た同じ個体(♀)でしょう。頭に赤い帽子を被ったのが欲しかったのですが、それでもまあ、一応の合格点か?。
akagera-1(600x378).jpg


akagera-3(600x389).jpg


akagera-2 (600x382)


akagera-4 (600x382)

このあと、いつもの方角に向かって飛んで行きました。今度は(♂)と同伴で来て欲しい!。

2007/02/11

【白山麓のアオゲラ】

【白山麓のアオゲラ】(prat2)
 深山に生きるアオゲラは美しい。たまたま、そのような個体に出会ったのかも知れないが?。二日前に出会った場所にもう一度行ってみると、その個体は未だいて、市街地の近くにいる個体に比べて、明らかにその美しさが引き立って見えた。

           深山のアオゲラ(1)
aogera.tate.sk.jpg



           深山のアオゲラ(2)
aogera.tatesk3.jpg




            深山のアオゲラ(3)
aogwera.tatesk3.jpg

2007/02/07

【白山麓のアオゲラ】

【また出会ったアオゲラ】
 野鳥写真の世界では、苦労してもなかなか出会えなかった珍鳥も、1度撮れると2度3度と撮れ出すというジンクスのようなものがある。
2月の4日、金沢の普正寺の森で撮影したアオゲラをブログに載せ、白山山麓に向かったのが翌5日。目的の地点でクマタカに出会ったのを収穫と自分を納得させての帰路。車の中からまたクマタカの飛ぶ姿をて、あわてゝ方向転換したところ、広くなった道路脇で三脚を据え、何かを撮影している野鳥の会のベテランK氏に出会った。聞くと、頭上をクマタカが飛んだのを知らずに「アオゲラが出ている」とのことで、「カメラを持ってこい」。そこで一緒に撮影したのが以下の映像。出会いが良いとこんなものなのだ。

        白山麓のアオゲラ(1)
  陽はまさにに山頂の陰に隠れようとしていて、逆光気味であった。
aogera.haksansk4.jpg



        同、白山麓のアオゲラ(2)
       まぶしそうに顔をしかめたところ。
aogera.haksansk6.jpg

2007/02/05

【金沢・普正寺の森の野鳥】

【普正寺の森のアオゲラ】
 普正寺の森は自宅からゆっくり歩いて約5分の距離。私が野鳥写真の世界に入ったきっかけが、この場所に家を建て移り住んだことから始まっている。かっては、日常の散歩コースであったこの場所も、最近は、殆ど出向かなくなって久しい。今朝(2月4日)何となく気が向いて手持ちカメラ(400ミリ)を持って出向いたところ、なんとアオゲラに出会った。この時期この場所は、毎年、アオゲラガ来るということはすでに知られていたことではあったが、どういう訳か、これまで1度も出会ったことがなかった。出会いとは、そんなものであろう。

            アオゲラ(1)
 かっては、白山麓に日参し、苦労の末にやっとの思いで撮影したアオゲラが、400ミリの手持ちカメラでいとも簡単に、しかも自宅近くの林で撮影できるとは…。
aogera.fu6.sk.jpg



            アオゲラ(2)
aogera.fu7.sk.jpg