FC2ブログ
2007/08/26

【自宅裏のオナガ】

連日の猛暑。夏ばて気味。ジッとしているに限る、と自宅居間でテレビを見ていると、何時もやってくるオナガに、つい、カメラに手を出した。


        オナガ(1)
 人も野鳥も夏ばて気味。強い夏日を浴び、口を開けてへばっている。
onaga1.jpg


                    
                オナガ(2)
onaga6.jpg



        餌台の上に飛び乗った(オナガ3)
onaga5.jpg



                オナガ(4)
onaga2.jpg



               オナガ(5)
onaga3.jpg



               オナガ(6)
           うまそうに水を飲み一息。
onaga4.jpg








 

2007/08/13

【白山山麓の野鳥】

【カケス】(part2)


                 カケス(1)
                白山、市ノ瀬
kakesu.sk3.jpg


                 カケス(2)
 朝、登山者が、テントをたたみ、キャンプ場から出ていった後の、わずかな静寂に、何処からともなく出てくる。

kakesu.ki.2.jpg


                 カケス(3)
kakesu22.jpg


                 カケス(4)
           近づき過ぎたか緊張した様子
kakesu44.jpg


                 カケス(5)
         若干距離を下げて撮影(昨年9月)

kakesu.dak.3.jpg

 

2007/08/07

【白山山麓の野鳥】

【カケス】(part1)この時期になると、低地から、塒の標高を高め、涼しい場所へと移動するカケスの一団がいる。そして、登山者が使うキャンプ場の、残飯の臭いを嗅いで出てくる。その場所を狙って撮影。


               カケス(1)
kakesu.sk4.jpg


                 カケス(2)
kakesu.sk5.jpg


                 カケス(3)
kakesu23.jpg


                カケス(4)
kakesu24.jpg






 アップにすると“人相”がどうも良くない。いわゆる“山賊”顔っていうやつだ。お花畑にはあまり似合わない。このとき、捕まえた小鳥を足下に押さえつけ、食い散らしているいるのを見た。辺りを睨め回しながら、凄い形相であった。考えてみれば、カラスの仲間なのだ。しかし、カラスでもお花畑に降りれば、少しは絵にはなる。次回は、少し、可愛げのあるのを選んでみたい。





2007/08/01

【白山山麓の野鳥】

【ホホジロ】ホホジロは、木の枝先などに止まってさえずる鳥なので、比較的絵になる鳥なのだが、何処にでもいる地味な鳥なので、その注目度が低い。  しかし、甲高い声で懸命に囀る姿には、感動を覚える時があり、思わず見とれてしまうほどの魅力がある。           


                                                         ホホジロ(1)
                       「手取湖」周辺の林道脇で撮影

hohojiro31.k.jpg
 


                ホホジロ(2)
hohojiro21.k.jpg


                ホホジロ(3)
hohojiro.ted1.k.jpg