FC2ブログ
2007/11/29

【河北潟の野鳥】

 その後の河北潟の様子が気になり出かけてみた。特段の変化はなかったが、チュウヒの数が増え5羽を確認。前回(4~5日前)に来たときは、1羽だった。友人が、ケアシノスリを撮影。ムクドリが真っ黒になった群団で入ってきており、その内、ホシムク、ギンムクの姿も見られることだろう。今季、河北潟のシーズン到来、の予告と見て良いようだ。


 昔、どこかで見たような“原風景”。トラクターが掘り起こす土の中から顔を出す小動物を狙って、カラスや鳶、そしてチュウヒが集まってきていた。人の生活と野の生物との共生を現しているような、こんな風景が好きだ。
tyuhi.torakuta.jpg


                  ミサゴ(1)
 寒気が緩み気温が上がると、水が温む。弱っている寒ブナが底の方から水面に浮上してくる。そこを狙って、ミサゴが狩りをするのだ。芦原の植生が2~3年前よりは、良くなっている。

misago.hi3.k.jpg


                 ミサゴ(2)
          爪に獲物を引っかけ帰巣するミサゴ
misago.hi1k.jpg


  飛び回るタゲリの群団。約70~80羽はいただろう。この中にアルビノタゲリがいたのだが、このショットには、入らなかった。
tageri.sora.jpg


            (コチョウゲンボウ?)の狩
 「オオノスリ」を見て、確認のため、この場所で待機していたのだが…出てきたのは、これ。後から来た鳥友のY氏が、この場所から離れた所で、オオノスリを撮影したとの報告。役者がそろってきた、という感じ。
tyougenbou.jpg


 白鳥。 鳥友K氏の話によれば、最近、150羽ほどが、一挙に入って来た、という。今は、家族単位、グループ単位に分散して行動しているようである。         
hakutyou.ine.jpg

2007/11/25

【河北潟の野鳥】

 鳥友のD氏から、河北潟に、ヅグロカモメが来ているという連絡で、1~2羽のヅグロカモメをどう探そうかな、と思いながら、とにかく出かけてみた。行ってみると、14~5羽のユリカモメの群れの中に、6~7羽のヅグロカモメで驚いた。


 去年の12月の10日頃に撮影した河北潟の風景なのだが、今年の水鳥の飛来は、この半分にも満たない。北日本に記録的な雪が降ったというのに、河北潟は、未だ、のようだ。
fukei.kahoku.mi.jpg


                 ノスリ(1)
 ノスリの姿が少ない。河北潟全体で4~5羽ぐらいではなかろうか。
nosuri2.k.jpg


                 ノスリ(2)
nosuri.1.k.jpg


           お目当てのヅグロカモメ(1)
dugurokamome5.jpg


            ヅグロカモメ(2)
dugurokamome13.jpg


 この他、目立っていたのは、約70羽のタゲリの群れの中に、去年来ていたアルビノタゲリが、仲間と一緒に元気に飛び回っていて、この他にも3~40羽のタゲリがいたこと。また、約100羽のカラスの群れの中に、1~2羽のコクマルガラスがいました。


 


 

2007/11/04

【舳倉島情報】

【キクイタダキの受難】
 皆さん、下のキクイタダキの画像を見てどう判断されますか?。
実は、このキクイタダキはどこかで釣り糸を拾ってしまい、その釣り糸が飛んでいるうちに、更に、木の枝にひっかゝり、宙づりの状態になって、脱出しようとしてもがいているところなのです。


              キクイタダキ(1)
  前回の舳倉島で、偶然このシーンを見て画像に納めたものです。
kikuitadaki3.jpg


              キクイタダキ(2)
kikuitadaki4.jpg


               キクイタダキ(3)
kikuitadaki5.jpg


               キクイタダキ(4)
  縦に撮った、この画像の方が、
良くおわかり頂けるでしょう。
kikuitadaki14.jpg


              キクイタダキ(5)
 もがけばもがくほど、身体がぐるぐる回転し、糸は更に強く巻き付くという悪循環に陥っているのです。
kikuitadaki13kk.jpg



続きを読む

2007/11/01

【舳倉島情報】

 10月28日(日)の前日、太平洋岸を通り抜けた台風の影響で舳倉航路の欠航の後、舳倉入り。その間、舳倉からの情報は、相変わらず芳しいものではなかったが、入ってみるとそうでもなかった。マヒワ、アトリ、キクイタダキ、ミヤマホホジロ、ヒガラの群団がそれぞれ5~60羽とまとまっていて、特に、30日には、ベニヒワが5~60羽、おそらく島全体では100羽を超える規模の群団が入って来た。目の前で、ハヤブサに襲われ逃げまどうベニヒワの群団が圧巻であった。
 その他、ヒメクイナ、アカマシコがいたとの情報があったが、視認出来なかった。民宿の前では、シラガホホジロ、ツメナガホホジロがいて、30日には、イスカ、オオマシコ、ベニマシコ、キレンジャクが入り舳倉の秋はいよいよこれからが本番との印象であった。


                 ベニヒワ(1)
benihiwa2.k.jpg

 
               ベニヒワ(2)
benihiwa3.k.jpg
 


                 ベニヒワ(3)
benihiwa1.k.jpg



                ベニヒワ(4)
benihiwa8.jpg




                   アカゲラ(1)
  前回いたこのアカゲラ、ペアになって未だ居て、こんな無理な姿勢で水を飲みに来た。
akagera1.jpg


                 アカゲラ(2)
akagera12.jpg


続きを読む