FC2ブログ
2008/06/14

【今年のサンコウチョウ】

家内と一緒にかねてから予定を立てゝいた、都会に住む息子の所への旅行。そこへ偶然にも、その近くに住む友人からの「サンコウチョウが来ている」との情報。日程もぴったり合って「棚からボタ餅、一石2鳥」とはこんなことと、行ってみると息子の住まいから車でわずか15分ばかりの所。無論、そこから30分ばかりは山道を歩いて入らなければならない。山道はなだらかな勾配で、足腰の弱い私にもさほど苦にはならなかった。去年の場合もそうであったがサンコウチョウは人の住む場所からそう遠くないところに巣を作るので、解ってしまうとわりと楽だ。こんな所で撮影三昧出来る友人が羨ましい。

                        サンコウチョウ(1)sankoutyou.jpg


                        サンコウチョウ(2)
sankoutyou-2.jpg


                        サンコウチョウ(3)
体色が出ていない。いずれもISO感度1250。この条件ではこれ以上のものは無理なのか?やはり腕が悪い。レンズがもっと明るければ…と機材のセイにしたりて…。
sankoutyou-3.jpg



2008/06/04

【舳倉島情報】

【春の舳倉島最終章】
 3日、今季舳倉の季節の終わり方が気になり行ってみた。この時期、バーダーの消えた舳倉は全く閑静そのもの。ゆっくりと動く季節の移行が感じられ、「あー、これが舳倉の普段の風景なのだ…」を痛感。景色の中の住民の皆さんの動きがゆったりとしていて、都会の街中の喧噪とは全く無縁のもの。聞こえるのはウグイスの鳴き声と耳をすますと聞こえるムシクイの地鳴き…。実にのどかな風景であった。


            暗い薮の中に動いたキビタキの(♀)?
kibitaki-m.jpg


 ミゾゴイが未だいて、猫に襲われて木の上に飛び上がってきた。このミゾゴイその内に本当に猫の餌食にならなければよいのだが…。猫の動きを木の上から睨みつけているのが未だ救い。
mizogoi-.jpg


 もし何かが出てくるとすれば、ここしかない、と思われる場所にカメラを構えて八方睨みの形で待っていると、やがて、ばたばたと飛び出してきたのがこのジュウイチ。未だ若く、今着いたばかりなのか草むらの中に座って、しばらくはジッとしていた。やがて元気を回復したのか、近くの竹の枝に飛びついた。

jyuit-k2.jpg


 観察舎にメボソムシクイがいて、この他に眼にしたのは、ビンズイ?かと思われたのが数羽。警戒心が強く確認の暇もなかった。その他、龍神池に背黒カモメが数羽と薮の中をカラスに追われていると見られるトケンと思われる未確認物体(鳥)1羽。今年は毛虫の発生が非常に少ない。トケン類が少ないのもその関係かも知れない。帰り際、「今年は、とうとうヤマショウビンが来なかったねー」と声をかけてきた、最近、野鳥にも興味を持ち始めた島一番のベテランの海女さんに、「また、来るよ…」と別れを告げ、「舳倉の季節は未だ終わっていなかた…」、と後ろ髪を引かれる思いで島を後にした。
2008/06/01

【舳倉島情報】

30日現在、ミゾゴイとサンコウチョウ(♀)は未だいるとの事ですが、今年の春の舳倉の季節は終わったという感じです。ただ、民宿は、二日間のお休みの後3日からは元の営業に戻るそうです。話は、一転しますが、仲川さんへ、コメントへの返信を出したのですが、表示されませんのでこの欄で返信します。なにか手順を間違えているようなのですが、そこが解りません。最近、頭の方もだいぶん鈍ってきていて、自信をなくしているところです。いつもの定番の作業もこなせなくなってきているようです。下の写真は6年前に撮影したものですが、その後、私ももっと良い条件でのコノハズクを撮りたいと思っているのですが、未だ、一度もお目にかかったことはありません。ただ、昨年、一度、コノハズクがいたという情報には接しているのですが、確認したわけではありません。今後、情報に接し次第ご報告申し上げます。

konohazuku.jpg