FC2ブログ
2011/05/30

【舳倉に来たヤイロチョウ】

25日、舳倉にいた友人から「ヤイロチョウ」の一報。26日、急遽舳倉に入り撮影。出ている場所があまり良好ではなく、腕の悪いのを棚に上げ、「メリハリ」の効いた写真が撮れずいらいらのしどうし。掲載する元気もなく躊躇しながら今日まで来ましたが、意を決して…以下の様な画像です。

      「もう少し何とかならなかったのか!」、と言われそう
yairotyou.jpg


yairotyou11.jpg


yairotyou15.jpg


yairotyou16.jpg
2011/05/19

ハヤブサの「食卓」

その間、舳倉からは「ヒメイソヒヨ」が出たとの情報があって急ぎ行ってみたところ空振り。18日の朝5時頃眼が醒め、布団の中で「うつらうつら」していると、窓のすぐ近くで聞き慣れない「ヒユルルルル」の鳴き声。飛び起き、そーっと障子戸を開け外を見ると、窓から4~5メータの木の枝に「シマゴマ」が止まって鳴いていた。これで4年続きの「シマゴマ」の来訪であった。頭を少しもたげて遠くを見るような、どこか弱々しい声でしきりに鳴く姿は風情があって、しばし見とれてしまった。急ぎカメラを持ち出したのだがもう遅く撮影には失敗。「普正寺の森」の方へ飛んでいってしまった。拙宅の裏の餌台周辺の林は、今年の大雪で、雪を被った大きな木が隣の家の上に倒れそうになって、その木が4~5本根元から切られてしまい、辺りの情況が一変してしまった。すっかり気落ちしていたところ、それでも「シマゴマ」が来てくれたと言うことは一縷の望み、と少し元気を出して、画像は、この話とは全く関係のない「ハヤブサ」です!?…。

                         ハヤブサ(1)
海に面し切り立った断崖の岩棚に、運んできた獲物を足下に押さえつけている。犠牲になったのは、その羽の大きさから言って、自分の躰以上もあるかと思われる水鳥のようだ。誰にも邪魔されずに戴こうかと、辺りを睨め回している。
hayabusa1.jpg

                        ハヤブサ(2)
  美味しいご馳走を前にして、思わず口からよだれを垂らしそうな顔。hayabusa2.jpg

                        ハヤブサ(3)
                  猛烈に羽を毟り始めた。hayabusa3.jpg

                        ハヤブサ(4)
      興奮でもう眼は虚ろ。邪魔されない内に早く食わねば!…hayabusa4.jpg

                         ハヤブサ(5)
あらかた羽を毟り終えた後、「バクバク」食い始めた。この辺り、連写で撮れば良かったモノを、こちらの方も思わず見とれながらの撮影で、画像無し。hayabusa6.jpg

                         ハヤブサ(6)
「あそこでカメラを構えながらいる人間、どうも気にいらねぇー」という感じhayabusa7.jpg

                         ハヤブサ(7)
食べ残しの肉片を鷲掴みに「場所を変えた方が良さそうだ…」、「ハイ、サイナラ…」と飛んで行った。hayabusa5.jpg
     一連の撮影にご尽力いただいた諸氏に御礼申し上げます。
2011/05/11

【コシジロニシイワツバメ】

舳倉で撮影してきた「コシジロニシイワツバメ」。タイプの違うツバメと一緒に飛び回っていましたので掲載します。

                            (1)
nisiiwatubame4.jpg
                            (2) 
     褐色味を帯びた体色の「イワツバメ」、光線の加減ですか?nisiiwatubame6.jpg
                            (3)                        nisiiwatubame7.jpg
                            (4)
nisiiwatubame8.jpg
                            (5)
nisiiwatubame10.jpg
                            (6)
nisiiwatubame12.jpg
                            (7)
nisiiwatubame13.jpg
2011/05/07

【舳倉に「変なアトリ?」とコシジロニシイワツバメ】

暫くお休みをしていました。その間、沖縄など行ってきたのですが、この欄、そろそろ打ち切りにしようかと思っていたこともあり、そうなっていたのですが、5月5日、久しぶりに舳倉に出向いたところ「変な鳥」に出会ってしまい、また、始まったということです。以下がその画像です。

        頭頂部に密集した短い冠羽を頂いた「変な鳥」(1)
最初、遠くに眼にしたときは「シトド」?…と、思ったのですが、翼の状態がよく見えないのですが、どうも、換羽中の「アトリ」と理解した方が良いようです。が…「アトリ」は換羽しないという。とすれば、季節の変わり目に羽毛がすり切れた状態が、こうなっている、と理解すべきか。ともかく、個体的に面白い…と思い、紹介しておくことにしました。
atori1.jpg

          (2)横向きの顔。顔は大人、幼鳥ではない。
のどの辺りに若干薄い橙色の痕跡は見えるのだが、側頸からの灰色はつるつる頭に近くなっている。
atori2.jpg

                (3)角度を変えたモノ
シャッターを切ったのはこの3枚だけ。すぐに逃げられてしまった。
atori3.jpg

       この日、撮影した「コシジロニシイワツバメ」(1)
「ニシイワツバメ」との違いがよくわかりませんが、「コシジロニシイワツバメ」だとのこと。もの凄い早さで、他のツバメと一緒に飛び回っているので、レンズの中に納めるのが精一杯でした。
nisiiwatubame1.jpg

            「コシジロニシイワツバメ」(2)
nisiiwatubame2.jpg