FC2ブログ
2012/05/31

【イカルチドリ】

金沢市郊外の湯涌温泉。その周辺の里山。前にも言及したがこの辺の風景がとても気に入っている。緩やかに流れる時間を感じ、たまに訪れると癒やされる。この風景の中に溶け込んで目当ての野鳥をよく待っていたものだ。この日出会った野鳥は「カワセミ」と「ヤマセミ」。そして、ここ数年見かけることのなかった「ササゴイ」。数年前の大洪水から立ち直りつつある環境の回復を感じ先ずはひと安心。画像は、この辺りでよく見かける「イカルチドリ」。あまり珍しくはありませんが、「ツガイ」で現れ、その仕草が可愛らしかったので掲載としました。

_ikarutidori2 (580x378)

_ikarutidori4 (580x384)

_ikarutidori5 (580x383)

_ikarutidori6 (580x388)

2012/05/19

【チト風変わりなキビタキ】

「チャバラアカゲラ」で湧く舳倉島。情報を聞いては行かざるを得ず、未だ癒えぬ身体を押して舳倉へ。しかし肝心の「チャバラ」は影を見た程度。衰えた眼と体力で追うのはとても無理。年寄り向きの観察舎でカメラを構えていたとき出てきたのが、見たことのない個体。最初、「キラキラ」と陽を浴びて飛び出てきたときは、一瞬、「ギヨッ!」としたが、よく見ると夏羽に移行中の「キビタキ」の若い個体の様。以前「瑠璃色のキビタキ」を撮ったことがあったが、「キビタキ」にはこんなのがよくあるのか?。珍しいので掲載します。

                         (1)
 躰が太く、嘴が若干湾曲し鋭い。また斑模様に歩留まりした太い黒斑が気になる。これから、背、頭部にかけて黒くなるのだろう。
_キビタキ2k (580x382)

                         (2)
それでも、換羽中の「キビタキ」、と断定してしまうのはチトもったいない、と思うほどだ。キビタキ4k (580x377)

2012/05/09

【自宅裏に来た「キマユムシクイ」】

この日(8日)、小生は、病院治療の予約日。自宅窓際の辺りに「ムギマキ」が現れていたので、家内に、出たらシヤッターを切るように伝え帰ったところ、写っていたのは「キマユムシクイ」だった。珍しく「ツガイ」で現れ表情が良いので、掲載します。

                         (1)
_キマユムシクイ2k (580x385)

                         (2)
_キマユムシクイ3k (580x387)

                         (3)
_キマユムシクイ5k (580x386)

                          (4)
_キマユムシクイ4k (580x379)

この日、出たのは、「キビタキ」と「マミチャジナイ」。「チラッ」と立ち寄っただけで通過して行った、という。以前は、シーズンになると数多くの珍鳥が飛来し、窓に激突する野鳥が絶えなかった場所。その頃が懐かしい。今年は、「クロツグミ」の「ツガイ」がやってきて営巣を始めたのだが、近所の飼い猫がやって来て「オジヤン」。何時もやって来る猫が2匹いて、ブッシュの中をさまよっては獲物を探すのだから始末に負えない。