FC2ブログ
2012/07/08

【サンコウチョウの巣立ち】

前回の営巣場所から巣立ったサンコウチョウ。ここでは3羽の幼鳥が無事巣立ちました。
上を見上げているこの幼鳥。最も発育の遅れていた3羽目の幼鳥です。先に巣立った“兄弟”は羽ばたきながら飛び出していったのですが、この雛は、巣の真下にあった横枝に転落するようにして落ちていった。そこにちょうど横枝があったので捉まった、というところです。
sankoutyou-h1 (341x500)


不安そうにピーピー鳴いているところへ親鳥がやってきて、餌を与えたりして元気づけ、巣立ちをエスコートしようとしている。
sankoutyou-h2(580x383).jpg


この3羽目の雛。先に巣立った雛とは明らかに発育の遅れが目立っていたため、無事に巣立つのかがとても心配だった
sankoutyou-h3 (352x500)


明くる日、確認のため現地に行ってみると、一晩で、先に巣立っていた兄弟とは区別できないほど生育し、3羽並んで仲良く枝に止まっていた。sankoutyou-h4(580x385).jpg


   やがて親鳥がやってきて一羽ずつ連れ出し「ハッピーエンド!」。sankoutyou-h5(580x388).jpg

     参考のため、以下にそのあらましを記しておきます。
  6月11日(月)  営巣場所を特定。既に抱卵に入っていた。
  6月18日(月)  二羽の雛を確認。
  6月23日(土)  巣の中で盛んに羽ばたく充分に大きくなった雛と、巣から離れた場所で餌を与えようとする、親鳥の行動が目立つ。
  6月24日(日)  巣の縁に立ち羽ばたく雛の行動が頻繁になる。同時に、親鳥が巣のそばに来ては、盛んに巣立ちを促す行動が頻繁になる。
      同日、 14:30   最初の雛の一羽が巣立つ。
             15:30   2羽目の雛が巣立つ。
             16:30   3羽目の雛が巣立つ。
発育不全の3羽目の雛は、親鳥の強引な巣立ちの促しによって巣立った、様に見えた。親鳥は3羽の雛を一気に巣立てようとしていた。辺りには雛を狙うカラスがやって来て、それを追い回す親鳥の行動が目立っていた。
   概略、以上のようなものでした。
2012/07/03

【サンコウチョウの舞】

前回の続き。地元で撮った「サンコウチョウ」。少し動きのある部分を切り取り掲載します。

sankoutyou-m1(580x362).jpg


      咥えているのは蜂のようです。
sankoutyou-m2 (320x500)


sankoutyou-m3 (580x386)


sankoutyou-m4 (296x500)


      加えているのは雛のフンです。sankoutyou-m6(357x500).jpg


      これは餌のようですsankoutyou-m7 (580x357)


これはフンですsankoutyou-m8(325x500).jpg


   何かを咥えているようですが、一番、多かったのは蝶でした。sankoutyou-m9(580x379).jpg


  「ツガイ」が一緒に雛に餌を与えた後、同時に飛び出してきたところです。
sankoutyou-m10 (580x368)

それぞれピンが巣の中の雛に合わされていることと、周辺の靄のため、若干、見苦しくなっています。