FC2ブログ
2013/07/27

【ヤセ細ったカンムリワシ】

この「カンムリワシ」、見たとおり「脚輪」のない野生の「カンムリワシ」です。前回掲載の「カンムリワシ」と同じ日に撮影した別の個体です。しかし前回の人の手によって育てられたカンムリワシとは違ってやせ細っています。

  車が行き交う人家の庭先のような場所に止まっていました。眼に力がなく虚ろな状態。
_kanmuriwasi-1-1 (580x377) (2)


_kanmuriwasi1-2 (580x375)


辺りをキョロキョロしながら餌を探しているのだが、終日、このような状態でいるとのこと。農薬と開発の影響。「絶滅危惧種」に指定されている背景が読み取れる。
_kanmuriwasi1-3 (580x372)

2013/07/18

【カンムリワシの幼鳥】

「野鳥展」、無事終了しました。「ブログを見て来た」と言われた方も多数いました。有り難うございました。予想を超えた方々の来場で「やって良かった-」、と安堵しております。閉場間際、その後に来場された方が数人いて、残念、申し訳なく思っています。画像は、今年の4月、石垣島で撮影した「カンムリワシの幼鳥です。


  廃屋の石垣の上に止まっていました。「脚輪」をしているのは、弱った幼鳥を「一時、保護して、放鳥した」ということでした。
_kanmuriwasi2 (580x381)


  幼顔にも鷲鷹らしい猛々しさがあります。すっかり元気を回復していたのですね‥!
_kanmuriwasi1 (580x383)


  「脚輪」を見ると、どうしても野生味がそぐわれます。やむを得ないことであります。
_kanmuriwasi4 (580x391)