FC2ブログ
2015/03/25

【自宅裏に来たヒレンジャク】

その間暫く留守にしていました。とは言っても、単身帰宅。家内は、娘のところで「おさんど役」で継続任務。こんなの世間では、「よくある話」、かもしれな。、しかし、それがそう簡単には納得できない部分がある。家内は年中行事のように事故を起こしている。今も車は“病院”だ。その家内が、子供を乗せて大都会の真ん中を走り回っているのだ!!。“オットリ刀の助っ人”が、70過ぎの婆さんなのだ!。気も動転!卒倒しそうな話。まだある。普通、女性の方が、「大学准教授クラス」。最近、子育ての方を優先せざるを得ず負担の少ない職業を選んだ。男の方はそれ以上の職業。と言えば、今、世間でよく言われている“中流、中間層”と言える筈。しかし、実態は、そうではない!。娘は、家に帰ればピイピイ鳴き、つきまとう末の子供の育児に心身をすりへらし、食事の準備、洗濯物の取り入れ、等々。見ていられないほどの忙しさ。実態は、いわゆる、「家庭と子育て、そして職業の維持、スキルの向上等々」の狭間で、疲れ果てゝいるのである。言わせてもらえれば“子育て支援”、「少子化大臣」なんて「手品のまやかし」みたいなもん。「そんなもん一体何処にあるのか!」と言いたい。どこかの首相がよく言う、「女性の地位向上、云々」なんて、アホらしい。大部分の人達は、今いる位置を守るため、必死になって働いているのである。優雅な暮らしをしている一部の人達の雰囲気に惑わされている部分がある。「アベノミスク」の美味しいところは一部の人達が独占。一皮むけば、庶民世界の人々には無関係ことばかり。で、そこに自給自足の生活と腰痛が加わり、いらいらがつのり「頭に来ている!」というところが本当のところ。娘が可哀想で、やっぱり「ここから離れようかー」と思ったりしています。家なんて売りに出せば二束三文!馬鹿らしいことではあるが、娘、そして、可愛い孫達のことを考えればそれもやむを得ないことかも‥。本当に「頭に来ます」。画像は、「キレンジャク」の続編「ヒレンジャク」です。もうどうでもいいかー!。


  怒っているのじゃないですか!
hirenjyaku-1 (600x401)


  「ゴチャゴチャ」した様子、「頭にきているところ」、誰かによく似ている。
hirenjyaku-2 (600x396)


  これも怒っている!。そして、一方は背を向けている、何かに。怒りを現しているだー!
hirenjyaku-3_edited-1 (600x405)


実を加えているのに、「なを怒っている」。上から見下ろしている別の仲間も、「そうだー!」と言っている。
hirenjyaku-4_edited-1 (600x415)



  ビショビショにぬれながら、ー 怒りに「怒髪!天を突いてます」。本当にこの顔、誰かによく似ている。
jirenjyaku-5 (600x411)

誰か、この家高く買う人いませんかねー!つましくても平穏に暮らせる社会、そんな世界が一番良い。今、世の中はキナ臭い臭いを出しながら走り出しているように、思えてならないのだが‥。
2015/03/20

【自宅裏に来たキレンジャク】

この日(19日)は朝からの雨。窓の外を眺めていた家内の「レンジャクが来ている!」との声。立ち上がって窓の外を眺めてみると、約30羽ほどの「ヒレンジャク」。その内、一部が隣の「普正寺の森」の方向へ。残った20羽ほどの「レンジャク」が自宅裏の林に残った。その中に数羽の「キレンジャク」がいましたので掲載といきます。


  高い木の上から窓の直ぐ下枯れ枝に飛び降りてきてところ。
kirenjyakuー2 (600x399)



窓を開けて撮っているのですが、雨でけぶっているんおです。もう少し何とかしなければならなかったでしょう。
kirenjyaku-1 (600x387)



このゴチャゴチャした様は、昨年から今年の冬の強風で倒れそうになっていた大きな木を何本も切ったことで、その残骸が残っている様なのです。
kirenjyaku-3(600x390).jpg



「ヒレンジャク」の上に飛び乗っているのですが、まさか「交尾!?」ではないと思うのですが、暫くこの状態でした。
krenjyaku-5 (600x408)



最後に、「尾羽の美しさ」をー、と思ったのですが、残念!これも今イチ。「カメラワーク」がもう追いついて行かなくなっていて、この頃、本当に、人生の終末を実感するようになっています。本当に、お粗末な画像で「お恥ずかしい!」
kirenjyaku-4(600x396).jpg

とのかくこの日は、約半日、撮り放題!。昼頃、隣の「普正寺の森」の方へ移動していきました。この週末は、皆さん、楽しんで下さい。

2015/03/13

【カワセミ】

このところ私事多忙なことが続き、加えてなを執拗に悩まし続けている腰痛で心身共に疲労気味。そこへ隣の公園にヒレンジャクとヤツガシラが来たときて、その対応で疲労困憊気味。ヒレンジャクは止まっている場所が悪く(枝被り)絵にならず(本当は腕が悪い)。ヤツガシラは、こちらの注文にはまってくれず、これまた絵にならず。画像は手っ取り早く、撮りためてあった“絵”の中から「カワセミ」にしました。


kawasaemi-1 (600x395)



kawasemi-2(600x395).jpg



kawasemi-3(427x600).jpg



kawasemi-4(600x412).jpg



kawasemi-5(391x600).jpg

ヤツガシラは来てからもう1週間にもなろうというのに、よほどこの地が気に入ったのか、未だ発とうとはしないでいる。(12日現在)。

2015/03/01

【イヌワシ(白山)】

今年は久方ぶりに雪の多い冬。ブナオ山のイヌワシの動きは比較的活発なのだが、警戒心が非常に強くなって、遠く、射程距離には出てきてくれない。この冬は空振りの連続。


昔はこの下の谷川に沿ってよく現れていた場所。最近はコースが変わって、「横断して姿を消す」、というスタイルをとっている。冬季はカメラの設置場所が難しく、「出たー!」と思lっても真上を通過して、先ず間に合わない。新雪の山肌の奧から飛び出して来たところです。
inuwasi-y1(600x395)_20150228085319943.jpg




inuwasi-y2(600x396)_201502280857535c4.jpg