FC2ブログ
2015/05/29

【キジ】

「なーんだキジか!-」と言わないで下さい。キジは古くから人間の生活文化に直接、深く関わってきた鳥です。「キジも鳴かずんば撃たれまいに‥」という諺の裏にある意味合いが(少々無理、強引!?)、それを物語っています。(詳しくは研究者、学者の皆さんにお聞き下さいー?!‥)。その間、暫く、息子達のところを回ってきました。金沢は今、北陸新幹線の開業で湧いていますが、駅構内から、一人がけ用の椅子の全ても撤去してしまった、所謂、観光客懐狙いの“おもてなし”スタイルの駅構内の構造(経済至上主義・金権志向)では、移動に困難有りと、航空便の利用にー。結論的に、川崎の「簡易宿泊所」の火事現場跡。隣のビルとの紙一重の生死の境で怯えた人達。その住環境の厳しさ。どこからともなく湧き出るような人の波。都市構造の混雑。心理的圧迫感。いろいろ考えさせられることが多く、深刻、憂鬱に‥。要は、そこから引き出された結論が、前回掲載の場所、また、金沢市郊外の‥「里山のキジ」になったという訳です。



これは、20年前のフイルムです。自宅裏のキジ、今でもこの子孫は周辺を俳諧しています。朝早くあの甲高い鳴き声で目覚めるときもあり、一瞬、優雅な気分にしてくれる瞬間です。
kiji-1 (600x384)



これが前回掲載の場所、金沢市郊外の里山。おそるおそる、ゆっくりと辺りを警戒しながら出てきたところ。時間は、ゆっくりと流れています。忙しい日常を送っている人達には癒やされる瞬間ではないでしょうか‥。
kiji-2 (600x401)


実一杯、威勢を張って「里山宣言」をしています。上空には子育て中のサシバが時折、舞うときもあります。
kiji-3(600x409).jpg


同様、脚を踏ん張り「俺のエリアだーあー!」と、自己主張。
kiji-4(600x406).jpg



何を想うのかー。野鳥たちが時折見せるー、遠くを見つめ、風の流れか、その臭いかを嗅ぐ様な、よく見せる侘びしさを含んだ表情。私には、常に、不安と同居しながら生きていかねばならなかった環境から生まれた、本能が生んだ表情!ー、と、思っているのですが‥。とにかく、都市の直ぐ傍にある澄んだ空気感に満ちた世界、悪くはないでしょう!‥大事にしたいとは思いませんか!‥
kiji-5 (600x399)

若い人達が親の住む世界から離れ、みなが都会に向かい、その雑踏の中でなかでのみ生きていかなければならない現状。常に、紙一重の生死の境で生きていかねばならない都市空間。好むと好まないに拘わらず、彼らは、今住む世界をそのまま受け入れ、懸命に耐え、働き、生きていかねばならならない。本当は、この人々こそが有り余る財力を持った一部の人達を底辺で支えている人達なのに!‥。そんなこと等々、を考えると、つい憂鬱、深刻に‥。それに比べ、何とか平穏無事に老後を送っている自分たちのささやかな平安‥。一方で、大きな、そして深刻な矛盾を前にしても何もすることの出来ない無力感。混在する不安と安堵。年寄りの世迷いごと、と思っていいのですが‥。とにかく近くに、キジの鳴く里山があり、鳥たちが子育てをする空間がある。そんなところで暮らしていることに感謝しながら‥。皆さん!やっぱり、田舎が良いです!。

2015/05/19

【ノスリの親子】

普段、ノスリはあまり被写体に選んだことはないのですが、今回は、子育て中の観察、そして、前回掲載のサシバとの関連もあり掲載といきました。幼鳥がうまくレンズに捕らえられることができましたので、まずは合格、ということでした。


親鳥のほう。人間の存在に気づき近くに寄ってきました。「お前達!そこでなにしてんだ!ー」といった感じで上空を旋回していきました。
nosuri-1(600x409).jpg



nosuri-2(600x392).jpg



幼鳥。サシバの幼鳥の巣立ちとほぼ同時でありました。家内が「アソコダー!」「アソコダー」と指さすのですが、私には全く見えづ、結局、シャッターを切ったのは家内の方でした。こんなところに止まってもらっては探すのに大変!。
nosuri-3(600x397).jpg


こちらの方が産毛が残っている状態がわかりますね‥。これ、レンズ800ミリにしてのカメラです。よく見つけたものだと、「一人じゃやっぱりダメかー!」といったところ。
nosuri-4(600x401).jpg



以前、この時期に、「鳥越」でも、真っ白なノスリを撮ったことがありましたが、この個体「亜種」の方ですかね‥。冬、河北潟でよく見る、いわゆる“泥棒顔”(失礼‥!)の個体とは少し違うよう。この時期に残るノスリは皆こんな感じのものが多いのかも‥。
nosuri-5(600x384).jpg

ここ数日、一時、絶望的であった腰痛の方が良い感じに!。この調子なら、手術を回避してきた選択が、「当たり!ー」と。一時は、車椅子をも覚悟したのですが、内心、ほっ-!としています。もう元気な人のような「二足歩行」は無理ですが、杖を突きながらの「三足歩行」で「ボチボチ」と行こうかと思います。「三つ子の魂百までも」、「野鳥人生!ー、もう少し頑張ろうかなー」と思うようになっています。よろしくお付き合い下さい。往生際がわるいですね‥。

2015/05/15

【サシバの子育て】

金沢市郊外の山間部。その一角に毎年のようにサシバが子育てにやってくる場所がある。今年は、そこへ沢を隔ててノスリのツガイがやって来て子育てを初めた。親鳥4羽がもつれるように飛び交いながら子育てをしていたのだが、最近、先に巣立ったのはサシバの方だった。カラスに追われ逃げ回っていたのだが、その内の1羽がカメラに収まったので掲載します。


  上空を飛び交っていた親鳥のほうです。
sasiba-1(600x394).jpg


sasiba-2(600x387).jpg

  この一枚は3年前に来たツガイです。いずれも、証拠写真程度のもの。‥載せました!。
sasiba-3(600x408).jpg


田んぼのあぜ道に立つ散水栓の上に止まった雛の方です。巣立って、未だ、3~4日だと思うのですが、早いですね‥!
sasiba-4(600x398).jpg


 産毛が残った、幼顔の幼鳥です。警戒心が強くこれが精一杯のところ‥。
sasiba-5(600x378).jpg


 飛び上がったところをやっと捕らえたものです。真っ黒!、参りました。見苦しい弁解ですが、ここは午前中が真逆光。午後も順光になる時間帯が少なく、加えて腰痛。カメラワークがついて行けないどころか、撮り終わっても、補正の問題に未だ気づいていない、という始末。もう絶望!ーですね‥
sasiba-6(600x391).jpg

ここは、条件の整った里山の風景が残っているところ。良いところは、ここに住む人々があまりにも日常なので、そこに住む生き物、生態のことなどには無関心なところ。従って、外部からの人間の影響もなく、貴重な自然が都会の直ぐ傍にそのまま残っている。ただ、今、此処では詳しくは触れませんが、もう何年も前、この辺りの豊富な湧き水に目をつけた行政が、この一角を企業に「買わせた」こと。そこから受けるであろう副作用については無関心だったのだ。どのような建造物を建てようとしているのか、注視してきたのだが、まだ、その動きはないよう‥。

2015/05/07

【戯れるハヤブサのツガイ】

連休中、皆さん、どうお過ごしになられたのでしょう!。何時も、この欄に来られる「愛犬家さん」、珠洲、見附島での写真拝見しまた。家内の生まれ故郷でして、美しい景色、そして、美味しい空気をたくさん吸って、無事、ご帰還なされたでしょうか?。バーニーズ君の嬉々とした様子、印象的でした。美しい景色、美味しい空気の有り難味!それをよく知っているようで‥ー画像は、今、子育て、たけなわのハヤブサのツガイ、その飛翔です。


hayabusa-k1(391x600).jpg


hayabusa-k2(400x600).jpg


hayabusa-k3(402x600).jpg


hayabusa-k4(385x600).jpg

子育ての最中、一時の休息の時間を楽しんでいる瞬間でした。こんな休息の時間もなしにひたすら働き過ごす人達もいる!。皆がほどほどな社会!そんなのが一番良い-!と思うのですが。自分たちの住む世界の美しさ、その有り難みを、一番よく知っている‥それが判っている!のが、この世界にいる「子」達かも‥