FC2ブログ
2016/06/26

【シマアオジ】

北海道ではもう子育てのピークを過ぎた頃。元気な頃撮影した「シマアオジ」です。

サロベツ原野です。この下では、卵からかえった雛が大きな口を開けて騒ぐ、という光景でした。
simaaoji-1(600x389).jpg


距離はあったのですが、必ずこの場所に来るというケースで、楽でした。
simaaoji-2(600x396).jpg

澄み切った空気感。もう一度行ってみたいと、何時も思いながら、「80過ぎの老人に、レンタカーを貸してくれる所など何処にもないだろうー」と諦めています。simaaoji-3(600x390).jpg


もう少し長くいたかったのですが、日程に追われていて、心残りを残してこの場所を去りました。
simaaoji-4(600x400).jpg

本題とは、全く関係のないことですが、東京都の桝添前知事のことです。先日、あれはツイッターなのでしたか、で、猪瀬元知事が中国の「人民裁判」を見た思い‥等の見解を述べておりました。実は、私も、若い頃見た、あの大衆の面前に引き出されて究明を受ける、中国の「人民裁判」の光景を見た思いをしていました。率直に言って、あのテレビの前に引き出され詰問を受ける光景は、とても見よいものではありませんでした。結論的に言って、あれは行き過ぎ、少なくとも民主社会で許される問題究明の仕方とは違うのでは、と思います。大体が、都知事のああいうお金の使い方というものが、いきなり桝添さんの時期に来て急に飛び出した性格のものとは、とても信じ難いからです。どんな組織にも、支出の仕方にはルールというものがある。その実態に対する究明がなければ片手落ち、問題の核心をそらすことになる。また、高額出張費に関しては、明らかに「ボラれた」性格のもの。仲介業者、現地法人、業者の「カモ」になったものでしょう。それを証明しているのが、その直後中止になった、都議会議員のリオ出張の高額経費の問題。特に、世論の反対に遭うまでは、実行に移そうとした、議員さん達の政治的慣行と、その背景にあるものでしょう。くどいようだが、ああいうカネの使い方が、東京都のような巨大機構のなかで、事務方の作業やその承認過程を経ずに、いきなりトップダウン形式で「OK」となる訳がない。東京都の事務体系はそんなに「ずぼら」なものだったのか!。そういう点では、石原都政の下で副知事をしてきた猪瀬元知事もそれを良く知る一人ではないでしょうか?‥。とにかくあの問題は、一個人をやり玉に当て、つるし上げれば済むという性格のものではなく、政治の世界に長く澱んできた「慣行」の実態に、メスを入れねばならない性格のものだった、と思うのです。そういう意味で「問題の核心を逸らしたー!」、というのが実感。桝添さんの前妻であった某議員(名前を忘れました)の、「セコイ」の発言が決定打になり、桝添さん本人にのみ焦点が当てられてしまったのが失敗。本当は、「セコイ」ではなく、その反対の、法の抜け穴に守られた「づぼら」な政治資金と税金の使い方。そして、その背景にある社会的土壌、の問題、ではなかったのか?。皮肉にも、それを桝添さんの弁護士さんが証言していた、ということではないでしょうか!。年をとると、することがなく、こんなことにやたらに首を突っ込みたくなる、悪い性格ですね‥。

2016/06/18

【金沢市郊外のつつどり】

最近、カッコウ、ホトトギスなど、杜鵑類の姿がめっきり少なくなっている。以前は、朝、寝床の中でカッコウの声で眼を覚まし、郊外へ行けばホトトギスやツツドリが鳴いている、という光景だった。最近は全く聞かれなくなってしまった。開発による周辺環境の変化に加え、ハヤブサ、オオタカ等の猛禽類が増え、市街地にまで進出してきているのが大きく影響している。画像は、金沢市郊外の、のどかな田園風景の中に小さく佇まいしている温泉街付近で撮影した、ツツドリの飛翔型です。


tutudori-1 (600x375)



tutudori-3(600x386).jpg



tutudori-4(600x397).jpg



tutudori20k (600x380)



tutudori-5(600x382).jpg

自宅周辺も、パットゴルフ場の拡張などで、松林の下草が刈り取られ土で踏み固められ、小さな沼地、湧き水の流れまでをもが埋め立てられたこと等から、それまでどこかで蓄えられ、海岸に流れていた地下水の流れが行き場を失って、周辺住宅地の地下水の層を押し上げ、地盤を軟弱にしてしまった。地震でも起きれば、間違いなく液状化現象が起きるだろう!。最近、隣の工場建設の現場を見て知ったのだが、この周辺は、4~5メータも掘れば地下水脈に突き当たる場所、(聞いていたのは12~3メータだった)。行政って奴は、それが解っていても、昔から言われてきた「小の虫を殺しても大の虫をを生かす」手法をとる。関係している者、誰が納税者の上位に位置しているのかが、大事なことになるからだ。そこでは、小さな水の流れに気を配る発想などは吹き飛んでしまう。考えて見ればこんな「危険地帯」、日本中のいたるところにもあるようー‥。私達の周辺は、原発、戦争の脅威(アメリカの次期大統領候補が「日本も原爆を持ってヤレ!」と言っている)、加えて、どこかで毎日のように起ている地震!。 私達の「安全地帯」は一体何処にあるのだろうか!。 政府がどんなに美味しいことを言っても、大の虫に寄り添う「配分の法則」は変わらない。結局、生き残るのは、高い所から下界を見下ろしている人達になるのだろうか?。昔から、苦しいときには「上を見ないで下を見ろ」という言葉がある。しかし、これ、権力者に都合の良いように作られた言葉じゃないでしょうか!。「なにも、そこまで僻むことも、ねーぇんじゃねーか!」と言われても、実際、娑婆って奴は、先ずは、そんなものじゃないでしょうか!?‥。
                            態の良い“水上生活者”の嘆き!?‥。

2016/06/11

【今年のサンコウチョウ】

昨年は「何かが起こったのだろうか!?‥」と思わせたほど、その鳥影を見せなかった金沢市郊外のサンコウチョウ。今年は数カ所での営巣状態が確認されほっとしたところ。ただ、いずれもポイントを絞った撮影が困難な場所。断崖の上の杉林であったり、枝葉が密集した裏側であったりで‥。なんとかカメラに納め、映像的にお見せできる画像を選んでの掲載といきます。



sankoutyou-2 (600x389)



sankoutyou-3(600x392).jpg



sankoutyou-4(600x380).jpg

報道によると、比較的撮影しやすい場所での営巣を確認した人もいたとのこと、日頃の行いが良かった人なのでしょう‥。私も知らなかった場所で‥。ちょっぴり悔しい思いがないでもありませんが、まずは、おめでとう!。今頃は、皆さん、押しかけているのではないでしょうか?‥。隣県には、水浴画像を取り放題の場所もあるとのこと。羨ましくて、よだれを垂らしているところではありますがー、そこの所は敢えて聞かずに、やせ我慢!ー。

2016/06/03

【ハヤブサ】

県庁のハヤブサの雛が巣立ったのこと。脚輪をつけられた雛の姿を見ましたが、何か違和感!。近年、ハヤブサやオオタカが人工構造物や人家の敷地の中にまで入り込んだ営巣の情報があるところ、今後の展開、果たしてどうなっていくのか?。


  能登半島の一角。情報を頂き久しぶりの澄んだ空気感の中での撮影でした。有り難う!。
hayabusa-1 (600x393)


hayabusa-2 (600x394)


hayabusa-3 (408x600)


hayabusa-5 (600x392)


hayabusa-6(600x409).jpg

猛禽類の中でも特段に優れた運動能力を持ったハヤブサ。その優れた捕食能力で子孫をますます繁殖拡大させているわけだが、人間との関係でうまく折り合いがつけられていけばよいのだが‥。人間て、実に身勝手な動物。都合が悪くなると何時何処で屁理屈をつけて態度を変えるかも知れない‥。人によっては「無断で他人の敷地に入り込んだ」という理由だけで、営巣場所を無残に破壊する人もいる。むしろ、そんなことは日常茶飯事に行われてきている。