FC2ブログ
2017/09/24

【自宅裏に来た(迷鳥?)】

前回紹介した「ヤナギムシクイ」の欄で言及した「変な鳥」、木の葉の蔭に隠れた部分があって、誠に、写真としては参考にもならないようなものですが、一応、掲載することにします。


写真は後にも先にもこの一枚しかありません。気づくのが遅く、シャッターを切った瞬間、飛ばれてしまいました。横にいるのは「ヒヨドリ」です。この日、嫌に静かな林の状態に何か異変のようなモノを感じ、鷲鷹の類が来ているのかも‥と辺りを見回していたとき見つけたモノです。「ヒヨドリ」とバトルをやっていたのでした。顔が横を向いていて細い嘴が若干見えているようです。
kaityou(600x385).jpg

ヒヨドリよりは若干、細身。黒い頭に白い頬、愛嬌のある顔付き。所謂、変異個体とは違うようです‥。私の鳥歴では初めて見ます。南の方から台風に運ばれてきた「迷鳥」?。台湾辺りにこんな鳥がいるのですかね‥。この後、ヒヨドリが飛んだ後、隣の「普正寺の森」のほうへ飛んで行きました。参考になれば幸いです。撮影は9月20日です。


2017/09/23

【自宅裏の「ヤナギムシクイ」Ⅱ】

終わったと思った「ヤナギムシクイ」、なんと未だ終わっていなかったのです。22日の朝、居間の窓辺に座ってボンヤリしていたところ叉、出てきたのです。幸い、置き忘れたカメラが傍にあったので飛びついての撮影、前回の汚名を晴らすショットとなりましたので、再度、掲載することにしました。ご笑覧下さい。

  正面顔、眉斑が眼先で繋がっていますね。
yanagimusikui-a1 (600x385)


  横向きのスタイル、嘴が小さくて細い。翼帯のところも見て下さい。
yanagimusikui-b1 (600x379)


  メボソそっくりですが何よりもサイズが小さい。
yanagimusikui-c1 (600x373)


  こうして見ると「ムシクイ」も悪くない、可愛い!‥と思いますが‥。
yanagimusikui-d1 (600x386)


 ちょっと、上を見上げてポーズをとり。
yanagimusikui-e1 (600x375)

この日は、この「ムシクイ」の撮影に追われて不十分な撮影に終わりましたが「ギンムクドリ」が来て、その前には、サイズはヒヨドリ大の黒の身体に茶と白の斑模様の変な鳥(撮影不十分)が来ていて、いよいよのシーズン入りを思わせてくれました。(後ほど叉、紹介いたします)。我が家の裏、まだまだ捨てたモノでもありません。私もちょっと刺激を受け、息を吹き返して、再認識したところ。

2017/09/21

自宅裏の「ヤナギムシクイ」

台風の前、2度ばかり見た「ムシクイ」。とても小型で「センダイ」でもなく「メボソ」でもない。一度だけ聞いた鳴き声は、小さく短く舌打ちするような乾いた感じの声。「ひょっとしたらこれは」と、一応、カメラに納めようとしたのは台風が過ぎてから。

これは9月18日、たったの一コマだけ。距離が短すぎて、ガラス窓を開けて撮る余裕がないシャッター。色が変なのは暗い場所とそのため。角度的には一応、上から。参考にはなるかと‥。しかし、誠にお粗末!。全くの記録写真です。
ムシクイ1 (600x404)


これは明くる9月19日。横からの角度。気づいて窓を開けたときには、もう、「シマッター!」といった感じ。慌ててシャッターを切ってこの一枚と下の画像だけ。とても小さく「メジロ」よりも細め。あまり詳しくはないのですが「ヤナギムシクイ」と思うのですが‥。
ムシクイ2 (600x391)


シャッター音に驚いてこの始末。このカメラ、シャッター音が高く、買い換えたもう一台のカメラも叉同じ。更に叉買い換えようかと思いながら、今度は貧乏が邪魔、とあきらめー、て。まあー、愚痴!。
ムシクイ3 (600x390)

このあと一日、今度は蚊に食われるのを覚悟して窓を開けて待っていたのですが、こんな時には「もう、現れないー」、ということで、「終わりー」。もし現れた時には続編で、といきますが、先ずないでしょう。もう、体力も気力も根気もありません。そろそろ、「何もない人生でした♪♪‥」かも‥。

2017/09/05

【イヌワシ(白山Ⅱ】

9月に入りめっきり涼しくなりました。その間、一時、我が家を支配していた子供達の騒音が消え、叉、立ち戻った夫婦二人だけの日常。ぽっかりと開いた先行きの短い侘びしい時間帯を感じながら‥。画像は、我に返りながら、前回に続き、元気な頃に撮影した白山の冬のイヌワシです。


inuwasi-ao(600x400).jpg