FC2ブログ
2018/02/28

【河北潟のケアシノスリ】

車で10分もあれば行ける河北潟、今のところ行けるのはこんな所。いたのはケリ、タゲリ、ノスリ等の常連。何時もこの時期に顔を出すハヤブサの幼鳥。バーダーは誰もいなく(きっと、何処か別の場所にもっと良い情報があって、そちらの方に行っているのだろう‥)、根気よく回る体力も気力もなく「ケアシノスリ」がいるだろう場所へ直行。案の定、例の木に止まっていたのが二羽。(一ヶ月ほど前にいたという個体かどうかは判りませんが‥)。それに、もう一羽が別の場所に。


  「暗色系」。アングルが少し違う感じで撮れましたので掲載といきました。
keasinosuri-kuro (600x387)


  人間を初めて見るように、ジーッとこちらの方を見ている‥。未だ、来たばかりだったのか‥
keasinosuri-kuro2(583x800).jpg

もっと丹念に回れば違う野鳥にも出会えれたと思うのですが、最近は、すっかり根気を無くしている。、カメラも重くなり、もうこの辺りが限界か‥。つくづく年貢の納め時、と思わざるを得ません。
 今年叉、免許証を更新しました(昭和一桁です)。子達は「返納しろ」とは言うのですが、近くにバス停も無く、車が無くては生活に大きな支障が‥。家内が買い物に出たときは、何時もドキドキ、ハラハラ」。帰ってくるまで気が気でない。大体が、市内を回る小型の巡回バス。あんなのむしろ、郊外の足の不便な場所を巡回させるようにすれば良いのだ。「馬鹿者ども!」「てめーら、一体何を考えているのだ!」。

2018/02/04

【河北潟のギンムクドリ】

北陸地方を襲った大型寒波。寒波と寒波の合間に出た二日ほどの晴れ間。久方ぶりの河北潟。椋鳥の群れの中に見つけた「ギンムクドリ」です。雪交じりの泥田の上に降りていて、とても絵にはならず。ようやく近くの木の枝に飛び上がった所でのシャッター。それも直ぐに射程距離を離れて、なんとか絵になったのはこの二枚だけ。


ginmukudori(600x385).jpg



ginmukudori2 (600x391)